このエントリーをはてなブックマークに追加

【コラム】佐々木恵太 「メトロノーム」から「体幹」の重要性を考える

東京・目白で整骨院併設型のトレーニング施設

整骨院LiB-Personal Fitness Room-』で店長&トレーナーをしております

佐々木恵太です。

 

ここ数年「体幹」という言葉をよく耳にしますね。

体幹」は日々の生活の中でとても重要です。

その一方で、なんだか「体幹」という言葉ばかりが独り歩きしている印象も強く感じます。

中でも良くある解釈として「体幹?腹筋の事でしょ?」と思っている方が非常に多い印象があります。

今回はその「体幹」について考えていきたいと思います。

 

《そもそも体幹とは?》

体幹とは読んで字のごとく「体の幹」です。

具体的には「首から上と四肢を除いたすべて」です。

お尻も体幹の一部です。

いろんな考え方があるかもしれませんが、「体の幹」「体の主要部分」と考えるとこれで間違いないと思います。

 

《体幹の重要性》

私自身もトライアスロンという競技をやっている中で体幹の重要性は非常に強く感じます。

スイム、バイク、ランすべてにおいて、体幹が弱いといくら脚や腕の力が強くても、うまく力が伝わらずに無駄の多い動きになります。

皆さん音楽で使う「メトロノーム」ってご存知でしょうか???

これです。

 

 

そうです。リズムよくカチッカチッと動くあれです。

メトロノームってここでいう体幹(下の白い部分・土台)がしっかりしているので振り子が左右に大きく動いても倒れないんですよね。
もし体幹(下の白い部分・土台)が鉛筆くらい細く弱かったらどうでしょう?

・・・多分、振り子が揺れる以前にまっすぐ立っていられないですよね。

 

また、体幹から遠い部分(振り子の先端)に重心があるとどうでしょう?

振り子の動きが遅くなりますよね?

そんなイメージです。

いくら腕や足を一生懸命鍛えても、それに耐えうる体幹が無ければ最大限のパフォーマンスは発揮できないのです。

 

 

《体幹を鍛えるには?》

私はヨガインストラクター・ピラティスインストラクターの資格も持っています。

よく体幹を鍛える為にピラティスを始めた、ヨガを始めた、というお話を聞きます。

ある人にとっては正解ですし、ある人にとっては非効率かもしれません。

 

中には「あなたが求める身体を目指すならバーベルスクワットで体幹を鍛えたほうが良いですよ」という方もいらっしゃいます。

 

ピラティスもヨガもウエイトトレーニングも全て体幹トレーニングですし、やり方によってはすべて体幹トレーニングではなくなります。

 

大切なのは「自分に合った体幹力とは?」を考え、それに合った体幹トレーニングを行う事です。

 

 

《基本的な事も忘れないように!》

そしてもちろん運動だけでは身体は思い通りに操れるようにはなりません。

ストレングス・パワー・スキルの前には「柔軟性・安定性」といった土台になる要素は絶対に必要です。

 

この「柔軟性・安定性」が不十分なままトレーニングを行う事は非常に非効率で、頭打ち感が早く来ます。

最悪、大きなケガにつながることもあります。

 

だからこそ、ハイローラー、ハイボーラー、ハイヒーラーで日常的に体のケアを行い、自分の身体に目を向け、自分の状態を知り、コンディションを整えていく事が大切なのです。

 

《まとめ》

自分自身の身体を思い通りにコントロールするために

これが体幹トレーニングの目的です。

 

自分自身のトレーニングの姿を動画で撮影したりする場面もあるかと思います。

その時に「自分が思っている動きと違う」と感じる事があれば、それはまだまだ自分の身体をコントロールできていない証拠です。

 

まずはあなたの競技に合ったトレーニングとは何か?

を考えていきましょう。

それが分からない!という方は佐々木までお気軽にご連絡ください。

 

 

佐々木恵太 Instagram

k_ta0215

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事