このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイローラーと一般的なフォームローラーの使用時の姿勢を比べてみました

こんにちは!

摂南大学バスケットボール部監督の丸塚です!

先日のコラムでお伝えさせて頂きました「なるみ・岡村の過ぎるTV」への出演後、様々な反響があり感謝しております!

そのおかげもあってか今度このような事をさせて頂きます!

「バスケ芸人田村さんプロデュース大人のバスケ教室オトバスin大阪府箕面市」

 

いつもは大阪市天王寺区にあるトレーニングジムNASあべの、東京ではドーム立川立飛と青森大学東京キャンパスで行っているのですが今回は大阪府箕面市さんからご依頼を頂き出張開催する事になりました、本当にありがとうございます!

 

ご依頼下されば出張開催させて頂きますのでどんどんご依頼下さい◎

 

大学バスケ以外にもバスケ芸人田村さんとの大人向けバスケ教室や子供向けバスケスクール、トレーニングジムでの指導など多方面からバスケットボール界を自分なりに盛り上げていければと思いますのでこれからも応援よろしくお願いします◎

 

さて、今回はハイローラーと世間一般でよく使われているフォームローラーの使用時の姿勢を比べてみました。

 

 

 

 

ハイローラーとよくあるフォームローラーの最大の違いは「高さ」にあります。

 

よくあるフォームローラーは常に身体と地面に挟まれている状態での使用ですがハイローラーは低い形態でも脚をつけた高い形態でも地面から浮いています。

 

そのおかげで快適なローリングを可能にしています。

 

 

こちらの写真を比べて下さい。

共にふくらはぎのケアをしているのですが従来のフォームローラーだと肩から手首にかけて負担がかかっているのですが、ハイローラーはそこまで上半身で身体を支える必要が無く肩や手首などを怪我していたとしてもかなり使いやすいです。

 

次はこちらの写真を比べて下さい。

 

共に大胸筋をケアしているのですが従来のフォームローラーだと背面を反っているので腰に少し負担がかかります、ハイローラーだと腰に負担は全く無いので腰に不安を抱えている人にもかなり使いやすいです。

 

このようにハイローラーは従来のフォームローラーに比べかなり関節への負担が軽減されているので疲労や怪我があっても安心して使用できます!

 

皆さんもご自身で使い比べてみてください!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事