このエントリーをはてなブックマークに追加

デッドリフト最強説!

東京・目白で整骨院併設型のトレーニングジム「LiB-PersonalFitnessRoom-」でトレーナーをしております佐々木です。

今回はデッドリフト最強説!!!
をテーマに書いていきたいと思います。

ベンチプレス、スクワットと並びBIG3と言われる最強トレーニングの中の1つです。
そのBIG3の中でも一般的に1番聞き慣れなくて地味なデッドリフトですが、
重要なトレーニングですので書いて行きます!

デッドリフトとは??

簡単に説明すると床から重りを持ち上げる種目です。
広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋、大臀筋、ハムストリングス。

といった筋肉をメインに使います。

効率よく鍛えるなら大きい筋肉を使え!!!
といいますがデッドリフトは大きい筋肉をたくさん使うのです。

 

デッドリフトの6つの効果!!

①大幅な代謝アップし痩せやすくなる!

メインにターゲットとする筋肉はハムストリングス、大殿筋、脊柱起立筋といった大きな筋肉ばかり。
筋肉は何もしていなくても代謝を通してカロリーを消費しています。
この代謝は筋肉の大きなさに比例するようにして大きくなっていくので、デッドリフトを行い大きな筋肉を鍛えていくことは最も効率よく代謝をあげる方法なのです。
代謝が上がればカロリー消費量が増えるので、体型が気になる人はダイエットにつながりますし、今スリムな人でも更に太りにくい体を手に入れることができます。

② 効率的なトレーニングが可能

デッドリフトで使用するバーベルは自重、ダンベルと比べて高い負荷をかけることができるので少ない回数でも充分に筋肉へ刺激を与えることができます。
他のBIG3に比べても1.5倍〜2倍ぐらいの高重量を扱うことができて
なおかつターゲットする筋肉は体の後面全体なので、デッドリフトだけで多くの筋肉を鍛えることが可能です。
ジムにアクセスできる環境であれば必ず取り入れたいメニューです。

しかしながら重い重量を扱うので正しいフォームで行わなければ、怪我につながる可能性が高いので自己流でやるのは最も危険な種目になります。初心者の方ほどパーソナルトレーナーをつけて正しいフォームを習得しましょう。

③カッコイイ背中、美しい背中が作れる

デッドリフトは広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋を鍛える事ができるので
やればやるほどカッコイイ背中、美しい背中になっていきます。
デッドリフトをやらないなんて勿体無いと思いませんか???

④美尻を手に入れられる

デッドリフトは背中の筋肉だけではなく臀筋、ハムストリングと言った下半身の筋肉にも刺激を入れてくれます。
デッドリフトをやればヒップアップと美脚も手に入れることができます。
垂れたおしりではなく引き締まった美尻を手に入れるにはデッドリフト!

⑤アンチエイジングや美容・健康に効果大

アンチエイジングや美容・健康に効果があり体に良いとされる成長ホルモンは、ちょっときつめの筋トレや、大きな筋肉を動かす筋トレでたくさん分泌されます。
デッドリフトは、まさにその条件に適したきつめの筋トレで、大きな筋肉を動かすエクササイズです。

なお、成長ホルモンとは、言葉通りに体の成長を促すほか、体にある物質をエネルギーとして使えるような物質に変えていく働きがあります。
人は生きていくために体内でエネルギーをつくることが必要ですが、成長ホルモンはその過程で大切な役割を果たす点でとても重要なホルモンです。
デッドリフトで成長ホルモンをどんどん分泌しましょう!

⑥きれいな姿勢になる

デッドリフトは背面の筋肉を多く使います。
背面の筋肉をうまく使うことができれば、背筋が伸び、お尻が上がりきれいな姿勢を保つ事ができます。
きれいな姿勢、きれいな後ろ姿を手に入れるにはデッドリフトがとても効果的です。
こんな背中、こんなお尻に憧れている女性はデッドリフトをやりましょう!!!

 

デッドリフトの最大のデメリットとは?

 

デッドリフトの最大のデメリットは腰を痛めてしまう方が多いこと。
デッドリフトでは、前かがみにした上半身を、腰を前方へ突き動かすようにして股関節を伸展させ、上体を起こしていくヒップヒンジという動作を行っていきます。
このヒップヒンジを正しい動作で行えば、腰を安全に使っていくことができますが、このヒップヒンジの動作を上手く行えないばかりに腰を壊してしまうケースがよくあります。

原因は
・股関節を今まで動かしていなかった
・姿勢が悪い
・股関節が硬い
・背中が丸まっている
・骨盤の歪み
・重すぎるウエイト
など

様々な原因で腰を痛めてしまうケースがありますが、
初心者の方はトレーニングを積み重ねてフォームの取得はもちろんですが、
運動前後にハイヒーラー・ハイローラー・ハイボーラーなどでバランスや姿勢を整えて股関節や背骨の動きをスムーズにしてからトレーニングをしていくのをおすすめします。

怪我をする前に予防が大切です。
効率よくトレーニングする為にも体のケアをして体をスムーズに動かしやすくしましょう。
腰を痛めやすい、フォームがいまいちひとつキレイにできない方は1度ご相談ください。

まとめ

デッドリフトの効果やデメリットをご覧になっていかがでしょうか???

腰を痛めてしまう可能性はありますが、正しく行えばデッドリフトが体作りにはとても効果的で最強です!!!
やらないのは勿体ない種目です。

あなたもデッドリフトを取り入れて大きい筋肉を動かして理想な体を手に入れましょう!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事