このエントリーをはてなブックマークに追加

バスケットボール選手をハイローラー製品を使ってケア

こんにちは!

摂南大学バスケットボール部監督の丸塚です!

6月20日、日本時間で21日。
この日は日本バスケットボール界にとって歴史的な1日となりました。

八村塁選手が日本人初となるNBAドラフト指名を受けました!
しかも全体9位です!!

 

日本バスケットボール界にとって、こんなにも歴史が動いた日はありません!革命的な日です!
バスケットボールを知らない人はどれだけすごいかピンと来てないと思いますが。笑

 

サッカーや野球でも歴史を切り開いて来た選手はたくさんいます。
世界のビッグクラブの一員となった中田英寿選手、

近年サッカー界で最も活躍した本田圭佑選手、

ピッチャーとしてアメリカで大旋風を巻き起こした野茂英雄選手、

数々の記録を残したイチロー選手など。

数々の世界的な選手が日本から生まれてますが、

全員日本のプロからキャリアをスタートさせています。

日本から世界へ羽ばたいているのです。

 

八村塁選手は日本を飛び越えいきなりの世界デビュー、

しかもバスケットボール最高峰のアメリカNBA。

とんでもないことです!!
野球なら学校卒業後即メジャーリーグ入り、

サッカーなら学校卒業後即ヨーロッパのビッグクラブ入り。
これぐらいすごいことなんです!

 

それから八村塁選手以外にも今年はNBAにチャレンジしている選手がいます。

NBAサマーリーグというテストマッチ的な試合があるのですが、

八村塁選手以外にも3人の日本人がチャレンジします!

NBAに田臥選手以来の日本人2人目の契約を勝ち取った渡邊雄太選手、

日本代表のエーススコアラー比江島慎選手、

日本人離れした身体能力を持つ馬場雄大選手、

今年はこんなにもサマーリーグに日本人選手が出ます!
この選手たちがNBAで活躍できるのか、今年のNBA開幕が楽しみですね!

 

さて、NBAはシーズンオフですが、

私が指導している大学バスケットボール部はオフではありません!
8月末から1番重要なリーグ戦が始まります!

残り2ヶ月、身体も技術も仕上げていかないといけません。
しかし、練習ばかりに力を入れているだけでは選手は、100%の力は発揮出来ません。

日々、身体のケアすることにより疲労を軽減し、ケガのリスクを下げる事が出来ます。

今回はハイローラー製品を使って選手にケアをしてもらいました!

 

まずは腰部に問題を抱えるこの選手。

この選手は2ヶ月前に腰を痛め、ずっとリハビリを続けていましたが、

最近やっとプレー復帰しました。

腰の張りがあるので、ハイボーラーを使ってもらいました。

「普通のフォームローラーよりもピンポイントで刺激を与えられるので、とても良い」

との事です。

 

次に、シューターポジションのこの選手。

この選手は、遠くから3ポイントをよく狙うシューターです。
バスケットボールのシュート動作は、下半身と上半身の力を真っ直ぐに伝えます。

上半身の上腕部に関しては、

利き手側しか使わない為に利き手の三頭筋に疲労が溜まります。

ハイローラーで上腕三頭筋にアプローチをしました。
ハイローラーを高くして、楽な姿勢でローリング出来るのは

他のフォームローラーとは違いかなり良い点ですね!

 

そして、スクワットでお尻の筋肉がかなり筋肉痛のこの選手。

個人的な見解ですが、バスケットボールで最も大事なのはお尻の筋肉だと考えています。
バスケットボールは、縦・横・斜め様々な方向へ瞬時に切り替えが必要であり、

尚且つボディコンタクトに強い身体が必要です。

そのため、身体を支えるお尻の筋肉が1番大事と考えています。
膝に足を乗せ、お尻を伸ばしながらハイローラーでしっかりと

大臀筋、中臀筋をケアしてもらいました。

このようにバスケットボールにおいても、様々な用途があるハイローラー製品は、

他のフォームローラーより使い勝手がかなり良いです!

ハイローラーは高さを変えれる事、

ハイボーラーはボール幅を変えれる事が使いやすいポイントですね!

 

これからも摂南大学バスケットボール部の選手にはハイローラーでケアしてもらおうと思います◎

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

  • 関連する記事はありません。