このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットには朝の運動!? 朝に運動することの効果とメリット

東京・目白で整骨院併設型のトレーニング施設

整骨院LiB-Personal Fitness Room-』で店長&トレーナーをしております

佐々木恵太です。

普段からカラダづくりをされている方は
朝にジムに行ってトレーニングを行ってから一日が始まる
こんな方もたくさんいらっしゃると思います。

多分、朝が苦手な方にはこんな生活は理解ができないですよね・・・。

なんで早起きしてまでそんなことしているの?と思われる方がほとんどかと思うのですが

実は朝はダイエットや身体作りに適した時間なのです!

朝運動することのメリットを知ったらきっと早起きしたくなるはず!

そんな「」に運動する事のメリットをまとめてみました!

どうせやるなら、効果が高い時間帯に運動して、ダイエットや美容に役立てていきましょう!

 

【1.夜より朝の運動の方が習慣化しやすい】

 

1日3分!などの簡単な運動すら続かなかった、という経験をお持ちの方こそ、朝の運動にチャレンジして頂きたいです。

朝は朝食の支度、身支度などやることがたくさんありますよね。
その「タイムリミット」があるからこそ、スケジュールを考えながら効率的に動く必要があります。
それが逆に時間を有効利用することにつながります。

優秀な経営者の方ほど身体作りをしている。なんて情報も良く聞きますが、まさにこれです。
忙しい中でどういった時間の使い方をするのか
を常に考えているから、タイムマネジメントのスキルが高いんですね。

毎日仕事や家事で忙しくて夜はバタバタして何となく寝る時間になってしまう、という人はたくさんいらっしゃると思います。
そんな方が「ダイエットのために夜頑張る!」というのは、現実的になかなか続きません。

起きる瞬間だけは少し辛く感じますが、少し早起きして朝の時間帯を有効利用することで、毎日の運動時間を確保することが出来ます。

 

【2.朝の方が脂肪を燃焼しやすい】

 

運動の時のエネルギー源は、まず体に溜まっている糖質を使ってから、それが足りなくなると脂肪を分解して使うようになります。
寝ている間は何も食べていませんから、胃の中は空っぽ、空腹状態。
エネルギーを得るためには、体に溜まっている糖ではなく、脂肪から作ろうとします。

つまり、脂肪燃焼しやすい時間帯だということ!
体脂肪も減りやすいので、当然ダイエットにもいいわけです。

【3.交感神経が優位になって活動モードに】

夜寝る前には自律神経の副交感神経が優位になってきて、段々眠くなるのが普通です。
その逆に、日中は交感神経が優位になることによって身体が活動モードになっていきます。

この2つの神経のバランスが整っていることで健康的な1日を過ごせるようになるわけですが、不規則な生活をしていると夜になっても交感神経が優位なままで眠りにつけなくなったりします。

そんな時こそ朝の運動!
朝起きて運動することで、交感神経を優位にして身体を活動モードにすることが出来ます。

【4.基礎代謝がアップして痩せ体質に】

朝運動することで、1日の基礎代謝は10%もアップするという研究結果もあります。

お昼近くになって代謝がアップしていくのと、朝から身体が活動モードなのでは、当然1日の基礎代謝量に違いが出てきますよね。

・朝運動することで、痩せやすい身体を作ることが出来る
・朝運動することで、一日中脂肪を燃やすことが出来る
ということです。

代謝が良くなると同じ運動でも消費カロリーがアップしますから、運動の効率も違ってきます。ダイエットなら朝活です。

【5.血流もUP】

朝から身体を動かすことで体温が上がり、冷え性改善にも役立ちます。
血流が良くなると、身体の隅々まで酸素や栄養素が行き渡るようになりますから、お肌や髪を健康にする効果も。
血流がアップすると動脈硬化などの予防にもつながり、いいことづくめですね。

また、脳への血流もアップします。
酸素がたっぷり供給されるので、脳が活性化して集中力が増します。
確かに朝身体を動かすと頭がすっきりしますが、これは脳への血流がアップしていたからなんですね。

【6.メンタルの強化】

朝運動しようと思うと少し早起きしないといけませんよね。
早起きして朝日を浴びることで身体が朝だと認識するので、生活のリズムが整ってセロトニンを活発化させることできます。

逆にセロトニンが減少すると、
・不安感
・うつうつとした気持ち
が強くなって、イライラしがちになります。

特に女性は女性ホルモンのバランスが乱れるとセロトニンの機能が低下して、イライラすることが多いといわれています。
このセロトニンは、朝起きてリズム運動などをすると増やすことができるといわれています。

セロトニンが増えればやる気も出てきますし、イライラした気持ちを安定させて、メンタルの強化に役立ちます。
セロトニンを分泌することはリバウンドしないためにも役立つので、ダイエット中は特に重要なホルモンです。

普段イライラしてしまう人って意外と運動不足が原因の事が多いのです。

【7.疲労回復効果】

朝運動することで身体が活動モードになりますから、日中の活動がいつもより活発になります。
1日しっかり活動することで、眠りも深くなって質の良い睡眠を取れるようになるんです。

これはやってみたら本当に実感できますが、同じ時間寝ても夜更かしした時とは明らかに疲労の蓄積具合が違います。
夜中の1時に寝て朝の7時に起きてギリギリで支度をするよりも、夜12時には寝て6時に起きて体操する。
同じ6時間睡眠ですが、身体の軽さが全く違います。

当然ですが、眠りが深くなることで疲労が回復します。
疲れている時こそ、早寝早起きをして、朝から運動をする。
いつまでもだらだら寝ているよりも、ずっと疲労回復には効果があるのです。

12時になんて寝むれないよー!」と思った方!
それは起きる時間が遅いから寝むれないだけではありませんか?

早寝早起き」と言われますがこれは順番が間違いで、健康のためには「早起き早寝」です。

【8.生活リズムが整ってくる】

朝起きて運動することを習慣付けていくと、朝目覚ましをかけなくても、自然に起きられるようになります。
朝食も美味しく食べられるし、規則正しい生活習慣が整ってきます。
早起きの習慣をつけると休みの日でもだらだらと寝ていることがなくなります。朝運動することで1日気分よく過ごすことが出来ますし、時間も有効活用できます。
朝運動するということは、痩せるという以外のメリットも大きいのです。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

私も元々は朝が弱い人間で、「早起きして運動なんて考えられない!」というタイプでしたが、一度やってみたら朝の運動にどっぷりハマってしまいました。

・脂肪燃焼効果がアップ
・タイムマネジメント能力の向上
・朝食がおいしい
・気持ちに余裕ができる
・寝つきが良い
・1日が長く感じるのでやりたいことがなんでもできる
といったところはすぐに感じられるのではないかと思っています。

【番外編:まずはストレッチからでも!】

朝から運動なんてとてもじゃないけど無理!」そんな方はストレッチや体操からでも良いと思います!

ハイローラー、ハイボーラーを利用して楽をしながら血流を促すのも良いですね!

私が最近愛用しているのは新商品のこれ!

その名も「ハイヒーラー」!
足の裏をほぐしたり、ふくらはぎのストレッチが可能です。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれています。
朝からふくらはぎを伸ばしてあげることで、一日血流が良い状態を保てますね!

目白にある私のお店でも、朝からパーソナルトレーニングを受けられている方がたくさんいらっしゃいます。

通常8:30から営業しておりますが、6:00からや7:00からといった時間外の方も多く受けております。

ご自身の生活スタイルに合った運動習慣を見つけていきましょう!

 

ご質問などは私のSNSからお気軽にメッセージを!

お待ちしております(^^)/

 

 

佐々木恵太 Instagram

k_ta0215

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

  • 関連する記事はありません。