このエントリーをはてなブックマークに追加

秋本明子  Self Introduution 

はじめまして。

この度ハイローラーコラムを担当させていただくことになりました

歯科医師でビキニ選手をしています秋本明子です。

ビキニ競技とは

 

ボディコンテストのカテゴリーの1つであり、トレーニングで鍛えられた女性らしいボディラインの美しさを競う部門です。筋肉よりアウトライン、バストからヒップをより強調、髪型からメイク、ウォーキング、ポージングまで

トータルの美を追求する競技となります。

 

ミスビキニオリンピアのアンジェリカ

毎年のビキニオリンピア優勝者がスタンダードのビキニ選手

私がボディメイクに目覚め、この競技に取り組むようになったのは2015年の

ことですが、昨年、一昨年と全日本の大会で2年連続優勝し、国際大会にも出場

させていただけるようになりました。

普段は歯科医師として働く傍ら、トレーニングに励み大会前は食事制限をするなどしてカラダをさらに磨き上げ大会に臨まなければなりません。こんなストイックな日々のケアにハイローラーやハイボーラーを活用しています。

 

オールジャパン優勝

 

 

アジア大会

アーノルドクラッシックヨーロッパ

 

きっかけ

ボディメイクに目覚める前にもスポーツクラブへ通っていたのですがウエイト

トレーニングは全くせず、スタジオレッスンにばかり参加していました。

そのうちにかっこいいカラダになりたいと思ってウエイトトレーニングをはじめました。トレーニングをやればやるほど程変化していくカラダが嬉しくてそこからどんどんハマっていったのです。

その頃、動画サイトで「オリンピア」というラスベガスで開かれるコンテストの

動画を見たのですが「ヴィクトリアズシークレット」のモデルみたいなのに筋肉が

ムキムキで、ウォーキングやポーズなどのパフォーマンスも見入ってしまうほど素敵で、とにかくカッコイイんです!!そのビキニ選手たちに憧れて私もコンテストを目指してトレーニングをしようと思うようになりました。その時はまだ日本に

ビキニの大会がなかったのですが、その翌年から開催されるようになり、さらに

その翌年から私もコンテストに出るようになりました。

私がボディメイクをはじめたきっかけで当初の目標にしていた

初代ミスオリンピアビキニのニコール・ナグラニ

 

私が初めて大会に出た時2015年4月

トレーニング、ケア

ボディメイクを成し遂げたいのなら、トレーニングばかりすることは良くありません。筋肥大を望むばかりにトレーニングばかりするのではなく、適切なケアをすることでトレーニングの効果を最大限に高めることが可能になると思います。

そこで私はハイローラーやハイボーラーをセルフケアに活用しています。

トレーニング前に筋肉をほぐすことで血流を良くして疲労を除去します。関節の

可動域も広がり、カラダの歪みも整えられます。そしてトレーニング後はリカバリーを促進しより効率よくトレーニング効果を上げていくことができるアイテムです。

ハイローラー

ハイボーラー

理想のカラダを頭の中に思い描いていたとしても骨格や遺伝的に不可能な場合もあります。ボディメイクは明確で具体的な実現可能な目標を設定することが大切です。いつの日かこの競技をはじめるきっかけになった舞台に立てるようこれからも目標に向かって全力投球で頑張っていきたいと思います。

 

秋本明子

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事